『 わたしの鼻は左きき 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[1]キーを押す。

わたしの鼻は左きき

 ある日、与作がいつものように木を切っていると、突然大きな鬼が現れた。 「お前を食ってやるうぅぅぅ」  腰を抜かした与作は、必死に懇願した。 「ひいぃぃぃ。なななななな何でもします。命ばかりはお助けを」 「よかろう。その代わり、お前のその立派な腕をもらおうか。両腕とは言わん。片腕だけでいいぞ」 「あ、ありがとうございます。ではこちらの腕をどうぞ」  与作は左腕を鬼に向けて差し出した。利き腕の右腕を残しておいた方が、木こりを続けて行く上で支障が少ないと考えたのだ。 「ではもらっていくぞ。ガハハハハ」  鬼の姿が消えた時、与作の左腕は肩の下からあとかたもなく消え去っていた。  与作は安堵の溜息と共に、その場に座り込んだ。命を落とすことに比べたら、腕の一本くらい安いものだ。それに、自分にはまだ右腕が残っている。 「ああ、よかったよかった。おれは運がいいぞ」  楽天家の与作は、軽い足取りで家路についた。  だが、さすがの与作も家の前まで来ると、はたと足を止めた。「女房になんて言おう。さすがに驚くだろうなぁ」  だが、いざ家に入ってみると、女房はすました顔で「あら、お帰り」とだけ一言。  拍子抜けした与作が鬼との一部始終を話すと、女房は目を丸くして言った。 「何言ってるのよ。あたしと一緒になった時から、あんたは片腕だったじゃないの」  どうやら、鬼に取られた部分は生まれた時からなかったことになるらしい。  与作は逆に安心した。いつもと変わらない夜がやってきた。  数日経ったある日。木を切る与作の前に、またもや鬼が現れた。 「今日はお前のその眼をもらおう。片方でいいぞ。どちらをくれる?」  物知りの与作は、眼にも『利き眼』があることを知っていた。遠くの一点を指さすときに、どちらの眼で照準をあわせるか。それが『利き眼』の判定方法である。  狩りのことを考えても『利き眼』は残しておいた方がいい。与作は左眼を指さした。 「ではもらっていくぞ。ガハハハハ」  片眼のない与作が家に帰ると、女房はすまし顔で「あら、お帰り」  いつもと変わらない夜がやってきた。  また別の日。木を切る与作の前に、三たび鬼が現れた。 「今日はお前のその耳をもらおう。片方でいいぞ。どちらをくれる?」  聞き耳をたてて物音を聞くときに使う方の耳が『利き耳』であることを知っていたので、与作は右耳を指さした。  片耳のない与作の顔を見ても、女房はすまし顔で「あら、お帰り」  いつもと変わらない夜がやってきた。  さらに別の日。木を切る与作の前に、四たび鬼が現れた。 「今日はお前のその鼻の穴をもらおう。片方でいいぞ。どちらをくれる?」  物知りの与作でも、さすがに『利き鼻の穴』の判定方法までは知らなかった。 「まぁ、鼻の穴なんてどちらでも同じだろう」  与作は深く考えずに左の鼻の穴を指さした。 「ではもらっていくぞ。ガハハハハ」  鬼の姿が消えた時、与作の鼻の穴は右側ひとつだけになっていた。 「鼻の穴なんて、片方だけでも呼吸はできるし、においも嗅げる。今までで一番被害が少なかったな。よかったよかった」与作は鼻歌を歌いながら家路についた。  だが、彼を待っていたのは、誰もいない家だった。かわいい女房の姿はどこにも見あたらない。 「一体どこへ……?」  心当たりに思いを巡らすうちに、与作は女房と知り合った晩のことを思いだしていた。「あの晩、おれは宴会で余興を披露したんだっけ」  ためしに傍にあった豆を残った鼻の穴に詰めてみる。だが、鼻の穴から飛び出した豆の勢いは、明らかにかつての力強さを失っていた。  ぽとり。  豆はむなしく床の上を転がった。 「女房のやつ、おれのこんなところに惚れていたのか……」  ひとり寂しい夜がやってきた。

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「わたしの鼻は左きき」 https://www.tbook.net/ss/w/whh/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

 あなたも万が一の時に備えて、自分の利き○○を知っておきましょう。 ちなみに『利き鼻の穴』の判定方法は「先に鼻をかむ方」、『利き乳』の判定方法は「オッパイのよく出る方」だそうですが、本当でしょうか?
 医学的には「鼻の穴は定期的にに『利き穴』が変わる」のだそうです。鼻の穴は約3時間おきに、交替で収縮するのだとか。鼻づまりの時に、左右の鼻の穴が通ったり詰まったりをくり返すワケはそういうことだったのか!

(2000/7/10)

 利き乳についての情報を頂きました。やはり「よく出る方とでない方、飲ませやすい方とにくい方」があるとのこと。現在授乳中のKさん、ありがとうございます。
 熱烈な感想、与作への励ましを多数頂きました。感謝!

(2000/7/27)

 「鼻詰まりの利き穴は定期的に変わる」のは鼻の奥のほうの話だと思いますので、与作の豆飛ばし能力を決めていたのは穴の出口付近の形だったのかもしれません。つまり「鼻の穴の出口付近が左ききだった」ということでしょうか。

(2021/3/7)

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。