『 3人の受験戦争 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[1]キーを押す。

3人の受験戦争

 私たちはバカです。  3人揃って同じくらいバカなんです。  なぜなら、私たちは3つ子だったから。  バカにも受験戦争はやってくるんです。 「このままじゃどこにも合格できないわ」 「今から必死に勉強してもダメかな?」 「ムリ! 時間がなさ過ぎるよぉ」 「……それなら分担したらいいんじゃない?」 「なるほど。一教科だけならいけそう!」 「それでいきましょ!!」  ……というわけで、私たちは猛勉強を始めました。  私、長女の一美は国語。次女の二葉は英語。三女の三佳子は歴史を必死になって勉強したんです。  その甲斐があって、3人ともそれぞれの教科だけなら合格点を取れるようになりました。 「やったね!」「やったわ!」「さあ受験よ!」  私たちは3人とも、各自で同じ3つの学校に願書を出しました。  そう。教科ごとに入れ替わって3教科とも合格点をとろうという計画。  私たちは親も間違うほど、そっくりの顔なんです。3人合計で6校に落ちても、3校合格すれば問題ないってわけ。  最初の受験の日。  1時間目の英語の試験が終わった後、私はドキドキしながら二葉と席を交替しました。  3時間目は二葉と三佳子が入れ替わります。試験中、試験官の視線が何度も突き刺さったような気がしました。でも、注意されることもなく、無事に試験終了のチャイムは鳴ったんです。 「うまくいったわね!」「これなら絶対合格よ!」「さあ、次も頑張りましょ!」  2校目の受験も無事に終わりました。  そして、3校目の受験日の朝……。 「大変よ、一美!」 「どうしたの、三佳子」 「二葉が熱を出したのよ。とても試験を受けられる状態じゃないわ!」 「なんですって!」 「ごめんなさい……」  二葉はベッドの上で、真っ赤な顔をしながらうんうんと唸っていました。これではムリをして試験会場に行ったとしても、入れ替わったりしたらすぐにバレちゃいます。 「どうしてくれるのよ~!」  声をあげて泣き崩れたのは三佳子でした。今までに受けた2校は私と二葉の志望校。今日は三佳子の志望校の受験日だったのです。 「あんたのせいで私だけ浪人よォ~!」 「ごめんなさい、ごめんなさい……」  号泣しながら二葉に詰め寄る三佳子に対し、二葉も泣きながらただ謝ることしかできません。  私はそんな2人の肩をそっと抱き寄せました。 「……安心なさい。2人とも大学に行けばいいわ。私が浪人するから」 「えッ」「どうして……!?」泣きやんだ2人は、全く同じ驚きの顔でこちらを見ています。 「まったく顔が同じなんだもの。三佳子、あんたが私の合格した学校に行けばいいわ」 「ダメよ、それなら責任をとってあたしが……!」ベッドから乗り出した二葉を、私は制しました。 「いいのよ……。一応これでも長女だもの。妹のためならこのくらい……」 「一美……!!」「お姉さん~!」  きつく抱き合いながら、私たちは号泣しました。 「……ホントにいいの?」三佳子が申し訳なさそうな表情で私を見上げます。  私はやさしく微笑みながら、ゆっくりとうなずきました。「気にしないで。三佳子、しっかりするのよ。4月からはあんたが一美なんだから!」  そして私はもう一美じゃなくなる。妹たちのことを気にする義務はないのです! 別に大学なんてどうでもいいわ。毎日のんびりと遊んで暮らすことにしようかな。  そんなことで将来はどうするのかって?  そうねぇ……。4年後くらいが、また交替の時期かもね。  だから、一美と二葉には頑張ってもらって、いいところに就職してもらわなくっちゃ!  それとも、交替は結婚の時期の方がいいかしら?  まぁそれはまた後で考えましょ。今は今を存分に楽しまなくちゃ。三佳子の彼のこと前からちょっと気になってたのよね……。 「ほら、三佳子、もう泣かないの。そのかわりカードはもらっておくからね」  三佳子は涙を拭いながら、私に1枚の赤いカードを差し出した。私たち3人だけの昔からのヒミツのルール。このカードを渡された人は渡した人と「すべて」を入れ替わることになっているのです。  最初は各自で1枚ずつ持っていたこのカード。今は私のところに3枚あるカード。一度使ったカードは、3年経つまでは再度使えないというルールなので、入れ替わりを即キャンセルされる心配もない。つまり、今の私は万能。人生を自由に選び放題というわけ。  ともかく、こういった経緯で私は10年ぶりに三佳子に戻ったのです。

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「3人の受験戦争」 https://www.tbook.net/ss/s/3j/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

 このような替え玉受験とまではいかなくても、双子以上の方は「ちょっと入れ替わってみた」経験が意外とあるのではないでしょうか。
 これから大学に行かれる方。一美と三佳子のどちらが得な生き方か、考えてみるのもいかがでしょう。時は金なり。もし大学生活や勉学に何の楽しみも見いだせず、大学卒の肩書だけが欲しいならば、大金を積んで買った方がどんなに得なことか(もちろんそれが合法な社会ならば)。

(2000/4/5)

 久々に読んで、我ながらオチが意味不明だったので、カードのくだり(最後の一文の前の3段落)を追加しました。大学生活を譲っても、あとで別の時期にいい境遇を取り返せるという理由付けが一応できたと思います。3人のカードバトルが今後の人生でどう展開するかを妄想すると、それなりに暇をつぶせます。

(2021/3/1)

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。