『 「恋のジョージおじさん」別オチプロット 「ズバッと解決」編 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[1]キーを押す。

「恋のジョージおじさん」別オチプロット 「ズバッと解決」編

 (前略)  気がつくと、綾子は病室の白いベッドの上に横たわっていた。 「ここは……?」 「気がついたんだね。良かった」  ジョージおじさん(らしき人物)がやさしく声をかける。  たまらず、おじさんの胸に飛び込む綾子。待ち望んでいたぬくもりを感じながら、綾子は泣き続けた。おじさんはやさしく綾子の頭をなでる。 「トムが……、トムがあたしのことを……」 「……許してくれとは言わない。どんな償いでもするよ」 「ううん。おじさんがそんなことを言う必要はないわ。うふふ……。おじさんはやっぱりトムとは違ってやさしいのね。……今はっきりと分かったわ。わたしにはやっぱりあなたしかいない。ジョージおじさん、お願い。わたしと結婚して!」 「……な、なにを言うんだ」 「ダメなの? わたしのことを愛していないって言うの?」 「(絶句した後)……無理もない。目が覚めたばかりで良く理解できていないのだろう。私はジョージじゃない」そう言うと、男は綾子に鏡を手渡した。   それを覗き込んだ綾子はショックのあまり失神しそうになった。そこには40代の自分の顔があったのだ。窓の外の風景、カレンダーの日付などから、綾子はそこが20年後だと言うことを悟った。 「私はジョージじゃない。……トムだよ」 「そんな……! じゃ、ジョージは? ジョージおじさんはどこ?」 「ジョージは……親父は死んだよ。数年前にガンでね」 「……!」わっと泣き崩れる綾子。愛するジョージはもういない。それどころか、ジョージへの愛はまやかしだったということが、トムとジョージを間違えたことから証明されてしまったのだ。そして失った20年の人生。今更悔やんでも取り返しが付かない。  トムの指に結婚指輪を見つける綾子。「トムはとうの昔に結婚しているんだわ」  見れば側には、トムの息子らしき青年(かつてのトムそっくり)も立っている。 「しばらくひとりになるといい」トムは息子を連れて病室から出ていってしまう。  孤独感からさらに泣き続ける綾子。泣き疲れた頃、綾子は枕元にアルバムを見つけた。  何気なく開いて驚く綾子。  似合いの夫婦のトムと綾子。どんどん成長していく一人息子。やさしい父親の顔で微笑んでいるジョージおじさん。そこには幸せな家庭の写真がギッシリとつまっていた。 「どうだい? 記憶の整理はついたかい?」ドアからやさしい顔を覗かせるトム。「まったく、戸棚に頭をぶつけて気を失うなんてドジだなぁ!」 「戸棚に頭を? わたしが?」 「なんだ。今朝大掃除してたの、まだ思い出さないのか。まあ、おれがあんなところに戸棚を置いたのが悪かったんだ。ごめんよ」  綾子は一時的に20年間の記憶を失っていただけだったのだ。20年前、ジョージへの思いが気の迷いだと気づいた綾子は、トムと仲直りし、結婚していたのだった。 「母さん、僕のこと思い出した?」愛すべき息子が部屋へ入ってきて訊く。  綾子は涙に輝いた笑顔で二人の胸に飛び込んでいった。

あとがき

 全てを完全に解決するという意味で、ハッピーエンド&SF(すこしふしぎ)のオチとしては一番いいのではと思います。

(1999/11/11)

 元の小説のオチは少し複雑なので、この二重オチが一番シンプルかつ分かりやすくていいのでは。タイトルをしりとりで決めている関係上、「ジョージ」という外国人の登場は必須……という思考経路から元の小説のオチは作られているのですが、よく考えたらジョウジという名前の日本人でもよかったわけで、この別案を本家本元の小説で採用してもよかったなぁと今さらながら思います。

(2021/2/18)

[→次へ]

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。