『 愛の大そうじ 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[2]キーで次ページへ。

愛の大そうじ

「ねぇ、あたしのこと好き?」  とびきり可愛い彼女にそう聞かれて「キライ」と答える男はいない。  僕も一応男なのでこう答えた。「ああ、好きだよ」 「じゃあ、ずっと一緒にいてね。あたし以外の女の人のところに行っちゃイヤよ!」 「ああ。もちろんだとも」普通ならばそう答えるところだが、僕は違った。 「いいや、行く!」 「ええっ……」 「……ただし、君より素敵な人がいたらの話さ。でも、そんなのいるわけないだろう?」  やさしくそう言うと、僕は彼女にそっとキスをした。彼女は潤んだ目で僕に微笑み返す。  一緒に暮らし始めてから3年目の冬。僕たちは幸せだった。  だが、その幸せは何の前触れもなく崩れ去った。  いたのだ。彼女をより素敵にした女性が。  街角で出会ったその女性は、今の彼女の魅力を全て持ちあわせ、尚かつそれ以上の輝きを全身から放っていた。  一回り大きい瞳に、少しばかりボリュームアップしたバスト。それらはすべて、僕が今の彼女に対して「こうだったらもっといいのにな」と感じていたことだった。  唯一僕の好みにあわなかったのは、髪型がショートカットだったことくらい。だが、髪は自然に伸びるものだ。  当然のなりゆきで、僕はその女性に乗り換えることにした。  行動力こそわが命。僕は即座に女性に声をかけると、一晩のうちに口説き落とし、一緒に暮らす約束をとりつけた。 「そんなわけで、悪いけど出ていってくれないか」  僕がそう告げると、『元』彼女は泣きながらすがりついて来た。  だが、僕はその手を冷たく振り払った。彼女に何を言われても頑としてはねつける。あくまでも表情を変えない僕の顔を見て、彼女は泣く泣く荷物をまとめ始めた。 (案外素直だったな)  僕が少し罪の意識を感じながら彼女を玄関まで見送ると、彼女はかすれた声でポツリと呟いてから立ち去った。 「新しい人となんかうまくいきっこないわ。私とあなたの3年間は、そんなに簡単に精算できっこないもの……!」  フン! 捨てられた女の捨て台詞か。  僕には未練などない。うまくやってみせるさ。  彼女の言葉を鼻で笑い飛ばした僕は、早速部屋の大掃除を始めた。これからここで、新しい女と生活を共にするのだ。古い女の痕跡が残っていては失礼というものだろう。  歯ブラシ、タオル、お揃いのカップにアクセサリー。僕は『元』彼女が置いていったものを全てゴミ袋に詰めると、迷うことなく捨て去った。  カーペットに丹念に掃除機をかけ、床がすり切れるほどピカピカに磨く。  これで完璧だ。すっかり彼女の匂いが消えた部屋を眺めて満足していると、呼び鈴が鳴った。新しい彼女がやってきたのだ。 「乾杯!」  その夜、新しい生活の始まりを祝して、僕たちはワインを浴びるように呑んだ。  夢心地とはこのことを言うのだろう。新しい彼女のふくよかな胸に顔をうずめながら、僕はいつのまにか眠り込んでしまった。 「シャワーを浴びてくるわ」そう言い残して女が部屋を出ていったのを、かすかに覚えている。だがその後、僕は深い眠りに落ちていった。  悪夢の中で、何かを叩く物音と女の叫び声が回転しながら消えていく。目覚めた時、僕の全身は脂汗でびっしょりだった。  二日酔いの鈍い頭痛に顔をしかめながら部屋を見渡すが、女の姿は見あたらない。  もしかして帰ってしまったんだろうか?  不安に思いながら僕がバスルームのドアを開けると、中からは大量のお湯が流れ出してきた。 「なんてこった……」  中でグッタリと倒れていた女は、すでに息絶えていた。  酔って湯船で寝てしまい、気づいた時にはもはや手遅れだったのだろう。バスルーム全体にお湯が溢れ、ドアも開かない状態だったに違いない。  しかし、なんでこんな事に? 不思議に思った僕が排水口に手を突っ込むと、中からはヌルッとした巨大な黒い固まりが。  ゴボゴボと音を立ててお湯が流れていく。  それは、僕と彼女の3年という年月が複雑に絡み合った髪の毛だった。

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「愛の大そうじ」 https://www.tbook.net/ss/ai/os/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

 イヤ~な気分になっていただけましたか? 掃除はこまめに!

(2000/5/18)

 これ、経験を元に書きました。え? 詰まった経験ですよ。

「ドアが開かなかったのは水圧で」ということで……。

(2000/5/26)

 なんともヒドい主人公の話です。排水口に髪がつまる問題は科学技術でなんとか解決できないものか……と長年思ってきましたが、妻と娘が長い外出に出てから数年。わが家の風呂場の排水口がいつしか「まるでつまらない排水口」になっていることに気づきました。僕の頭皮の進化と相まって、問題が見事解決に導かれたようです。

(2021/2/24)

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。