『 愛のふたり相撲 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[2]キーで次ページへ。

愛のふたり相撲

 将棋を覚えたての少年が、2人の名人に向かって言った。 「2人同時にかかっておいで。少なくともどっちかには勝ってみせるよ」  かくして将棋盤を2つ並べての対局が始まり、なんと、少年は見事片方の名人を負かしてみせたという。  少年の勝利の秘密とは何か。それはこの話を読めば分かるだろう。  カオルはある頃から、自分が他人とは違っていることに気づいていた。  同級生が異性の話で盛り上がっていても、どうも素直に輪の中に入れなかったのだ。異性への興味がなかったわけではない。異性と同じくらい、同性への興味も持っていたのだ。  カオルは男女両方を愛せる人間、いわゆる「両刀使い」だったのである。  いつしかカオルは男装と女装を使い分けるようになっていたが、なかなかその恋は実らなかった。カオルの心は、男性と女性の2人と同時に付き合うことでしか満たされなかったのだ。そして、男と女の両方を惹き付ける魅力をあわせ持つのは容易なことではなかった。  そんなカオルの前に、ひとりの美男とひとりの美女が現れた。  男は世の中のすべての女性を惹き付ける男らしさを持ち、女は世の中のすべての男性を振り向かせる女らしさに満ち溢れていた。  カオルはたちまち2人に夢中になってしまった。なんとかして2人と付き合いたい。だが、両方はおろか、片方のハートですら射止めるのは難しいように思えた。 「なんとかしてうまくいく方法は……」  カオルは思案の末、ある名案を思いついた。そして、美男と美女の両方をものにすることに成功したのである。  タネを明かせば簡単なことだ。カオルは男装している時は美男の行動をまね、女装をしている時は美女の行動をまねることにしたのである。  女のいたわりをそのまま男に注ぎ、男が囁いた愛の言葉をそのまま女に囁いてやる。2人はたちまちカオルの虜となった。  大抵のトラブルは回避することができた。女に不満を言われた時は、男に同じ不満をぶつけてみれば男の対処方法が分かる。後は、同じ対処を女にしてやれば万事解決だ。  もうお分かりだろう。冒頭の少年は、先手の名人の手を真似て、もう一人の名人と対局しただけなのだ。後手の名人の手をそのまま先手の名人に返す。こうすれば必ずどちらかには勝てることになる。  だが、恋愛には勝ち負けはない。すべては順風満帆。3人は幸せだった。 「お願い。あたしと死んで!」  両親にカオルとの交際を反対された女が、唐突にそんなことを言い出した時も、カオルは落ち着いたものだった。「その話の続きはまた今度にしよう」  女のマンションを出たカオルは、ハイヒールに履き替えると男の部屋へ向かった。  部屋に入るなり、女と同じ台詞を叫ぶ。  男はうまく女をなだめることだろう。後はそれと同じことを女にしてやればいいのだ。  だが、男は予想外の言葉を呟いた。「君がいないと僕は生きていけない。よし、一緒に死のう!」 「ええっ……」  カオルは言葉を失った。もともと、自分の言葉で喋ったことなどここ数か月はなかったのだから当然だ。  何も言えないまま、カオルは男と心中することになってしまった。  男に堅く手を握られたまま、カオルは冷たい川の中に飛び込んだ。 「たす……けて……!」カオルの心からの叫びは川の流れにかき消された。  数時間後。川岸には、ひとり流れ着いた男の姿があった。そこに偶然、女が通りかかる。  視線があった瞬間から、たちまち2人は惹かれあった。 「僕たちって……」「わたしたちって……」2人は声をそろえて言った。 「まるで、ずっと前から出会っていたみたい」 「これが運命っていうものなのかな?」

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「愛のふたり相撲」 https://www.tbook.net/ss/ai/fz/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

 ラストのような甘い言葉を交わしているカップルは要注意。もしかしたら、前の彼(彼女)はカオルかもしれませんよ。
 しかし、カオルのような人は人生の楽しみが2倍あってうらやましいです。なにしろ、世の中のすべての人間が恋愛対象になり得るのですから。

(2000/2/11)

 この作品は「二兎を追う者は一兎をも得ず」という古来からの教訓めいたオチになっているわけですが、それはあくまでもたまたまです。現実にもカオルのように「男性とも女性とも交際」「複数の人物と同時に交際」等の恋愛スタイルを好む人もいるので、誰かを意図的に騙して傷つけるものでない限り、そのような多様性を理解して認めていくことが大切です。

 全員の合意のもと複数の人と恋愛関係になるスタイルを「ポリアモリー」と呼ぶそうです。このような用語が認知されていけば、今までは排除されてきた豊かな考え方が広まりやすくなっていいですね。一方で、恋愛スタイルは数え切れないほど多種多様だともいえるので、ひとつの言葉で括ってしまうことが危険な場合もあるでしょう。柔軟に考えていきたいものです。

 そもそも、この作品のように「男らしい男」「女らしい女」「男女の枠にはまっていないカオル」という3者にくっきり分けたキャラ設定にすること自体が多様性を認める行為に反しているという意見もあるでしょうし、その通りだと思います。ただそれは、文字数制限がある中で極端な誇張を使って対比させているだけで、作品に差別的な意図はないことはご理解いただければと思います。

(2021/2/23)

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。