『 月あかりの映る部屋 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[1]キーを押す。

月あかりの映る部屋

 月あかりの差し込むバー。  プレイボーイ風の色男が、バーテン相手に得意げに言った。 「おれの手にかかって落ちない女はいない」  すると、側で呑んでいた恰幅のいい紳士が振り向いた。「では、私と勝負してみますか?」 「ほほう。おれとあんたが勝負?」色男は紳士をジロジロと眺めた。  紳士は全身を高級品で着飾っているものの、お世辞にもいい男とは言えない。それどころか、何も言わないでいることがお世辞になるほどの醜男だった。 「いいけど、ターゲットがいなけりゃ勝負はできないぜ」  色男がそう言うと、紳士は黙ったまま壁際の席に座っている女性を指さした。 「……悪くない女だ。いいだろう。勝敗はどうやって決める?」 「先に女の裸を見ることのできた方の勝ち……というのではいかがです?」 「面白い。ところであんた、このおれに勝てると本気で思ってるのかい?」 「世の中は金ですよ。金があればできないことはありません」紳士はパイプをくゆらすと、にっこりと微笑んだ。 「ふふん。金がなくったって、テクニックさえあれば何だってできるさ」  そう呟いた男は早速行動を開始した。  壁際のテーブルに近づくと、甘い言葉で女を口説き始める。最初は迷惑そうな表情をしていた女も、次第に男の言葉に耳を傾けるようになり、二人が連れ立って店を出て行くまでに時間はかからなかった。 「悪いな!」男は紳士に目配せして店を出た。  月が天高く昇った頃、男はホテルの一室にいた。  二軒目の店で酔いつぶれた女は、ベッドの上で静かな寝息を立てている。 「ふふ。チョロいもんだぜ」月あかりに照らされた女の服の上に、男の手が影となって落ちる。  その時、女がおもむろに起きあがった。 「……ここは……、どこ?」 (チッ、目が覚めやがったか)そう思いつつも、男はやさしく女を抱き寄せた。 「ふたりきりになれる場所だよ。僕たちが忘れられない夜を過ごすためのね」  このまま口説き落とせば自分の勝ちは変わらない。そう考えていた男の耳に、女の悲鳴が突き刺さった。 「キャーッ!!」  女はベッドから立ち上がると、部屋の中をキョロキョロと見回した。  女の目には、何人もの自分が映っていた。その部屋は全面が鏡張りになっていたのだ。窓から差し込む月光が、女の体を怪しく照らす。 「わ、私……、こんないかがわしいところ、イヤ! 帰ります!!」  女はハンドバッグを手に取ると、さっさと部屋を出ていってしまった。  一人残された男は溜息をついた。「チェッ。金をケチってこんな安ホテルに入ったのがまずかったか。まぁ、まだチャンスはあるさ。ホテルの鏡に驚いて帰るようなお堅い女だ。あのオヤジに大金を積まれたとしても、簡単には脱がないだろうよ」   すぐにホテルを出た男は、その足で最初のバーに戻った。  紳士はバーの片隅でまだグラスを傾けている。 「やあ、オッサン。成功したよ……と言いたいところだけど、実はまだなんだ。安心しな。ホテルまでは行ったんだけど、逃げられちまって……」 「知ってますよ。見ていましたから」 「見ていた?」  見ると、紳士の脇には大きな筒状の物体が置かれていた。「この望遠鏡は特注の最新式でしてね。76万キロ先の人の顔でも識別できるほど性能がいいんですよ」 「冗談言っちゃいけない。いくら高性能だろうが、ここからさっきのホテルまでは一本道じゃないんだ。見えるわけが……」 「実は私、会社の社長をしているのですが、先日、あるところにうちの製品を一枚置いてきてもらったんです」 「え……?」  紳士は一枚の手鏡をポケットから取り出した。「これです。NASAに頼んだんですけどね」 「……!」  昔、小学校で習った記憶がある。76万キロの半分の38万キロ……。それは確か、ここから『あそこ』までの距離ではなかったか。男はハッとして頭上を見上げた。  その頃、帰宅した女は、酔いを醒まそうとバスルームの扉を開いた。天窓からは美しい月の光がシャワーのように降り注いで……。

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「月あかりの映る部屋」 https://www.tbook.net/ss/t/twh/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

 先日、人工衛星から撮った地上の写真が一般人にも買えるようになる……というニュースが流れましたが、未来ではこんなことになるかもしれません。今でも軍事機密レベルでは近いことになっているんでしょうが……。路チュー時には空にご注意。

(1999/11/13)

 ISS(国際宇宙ステーション)に鏡を付ければ、ここまで高性能な望遠鏡がなくてもいけそうです(ISSの高度はわずか408キロメートル)。

(2021/3/23)

用語メモ

NASA(ナサ):アメリカ航空宇宙局。National Aeronautics and Space Administration の頭文字をとった略称。分かりやすく言えば、ロケットを飛ばすところ。

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。