『 恋の相談 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[2]キーで次ページへ。

恋の相談

 愛の告白をなかなかできない男っていうのはどこにでもいるもんだ。  今おれとグラスを傾けているこの男もそうだ。顔は二枚目でスポーツ万能。普段は堂々としているくせに、自分の色恋関係になるとまるでだらしがない。 「好きなら早く告白すればいいじゃないか。お前だったらうまくいくって」 「でも……」  この煮えきらない態度。最初はおとなしく奴の話を聞いていたおれも、だんだんとイライラしてきた。 「いい加減にしろ! お前には一歩踏み出す勇気ってものがないのか? そんなんじゃいつまでたっても女なんて……」おれはあらん限りの弁舌を尽くしてそいつを説得しはじめた。なんとかおれの力で奴に告白させよう。おれはキューピッド役になるのだ。  一時間後、おれの必死の説得で奴のかたくなな心はやっとのことで動いた。 「そんなに言うんなら……分かった。思い切って告白してみるよ」 「よし! やっぱりやめたなんて言うなよ。なぁに、そんなにびくつくことないさ。中学生じゃあるまいし、何も初めての告白ってわけでもないんだろう?」  「そりゃ、今までに何度かは……」 「その時はうまくいかなかったのか」 「うまくいったさ。ただ、おれが告白した人って、……なぜかみんなすぐに死んじゃうんだ。最初の人はトラックにはねられ、二番目の人は原因不明の病気、三番目の人は……」  何だって! そんな理由があったとは。科学的とはまるで言えないが、万が一、告白相手が死んだらおれまで気分が悪い。おれはあわてて言った。「おい、やっぱり告白はやめた方がいいんじゃ……」 「何を言うんだ。せっかくその気になったのに。おれは言うぞ! 今おれが好きな人っていうのは、実は……」  熱っぽい視線を投げかける奴の目を見ながら、おれは心臓に鈍い痛みを感じていた。

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「恋の相談」 https://www.tbook.net/ss/ki/sd/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

 恋のショートショートシリーズ第一弾です。

(1998/12/22)

 ベーシックな話ですが、短くまとまってるのがとりえじゃないでしょうか。

(2021/2/15)

作品履歴

English version

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。