『 恋の巌窟王 』(→横書き)(文字大:L4L3L2LMSS2S3)(→戻る)(→SS トップ

《読みかた》


□ 画面の「左3分の2」をどこでも押して操作。

□ キーボードならもっとラク。まず[1]キーを押す。

恋の巌窟王

「うふふ。どうして、こういうことになったのかしら」  静寂を取り戻したベッドの上。女は男の胸に顔をうずめながら缶ビールを一口飲んだ。 「……さぁな」男は煙草の煙を溜息と共に吐き出す。 「だって、あなたにはあんなに綺麗な奥さんがいるじゃないの。どうしてあたしと?」  どうやら女は『君の方が綺麗だから』という言葉を男から引き出したいようだ。だが、男の答えは期待はずれなものだった。「確かにうちの妻は美人だ。だけど……」 「何? だけど愛せないって言うの?」 「いや、心から愛してるよ。何しろ、結婚までこぎ着けるのには大変な苦労が必要だったんだ。一時間でこうなった君とはわけが違う」 「……どう違ったって言うのよ。詳しく聞かせてよ!」女は憮然とした表情で言った。 「最初に想いを告白した時、彼女はおれの気持ちを受け入れてはくれなかった」 「なんて言われたの?」 「『好きな人がいるからダメ』だとさ。だが、おれは諦めなかった」 「その人に勝てるように自分を磨いたのね」 「いや、違う。おれは、その男を町はずれの洞窟に呼び出した」 「洞窟……?」 「おれは男を殴りつけて失神させると、洞窟の中にあるたて穴に放り込んだ。そこに深いたて穴が開いていることは前に知っていたんだ」 「……」 「そいつが行方不明になったことを知った彼女は、おれとの結婚を受け入れてくれた。念願が叶っておれは幸せだった。……だが、時々不安になるんだ。おれが殺したあの男が、いつかたて穴を這い上がって来て復讐に来るんじゃないかと……。だからその不安を紛らわせるために……」 「……あたしを抱いたのね」 「そういうことだ」 「……ひどい! 今のこと、全部警察にばらしてやるから!」そう言ってベッドから降りようとした女に、男は右手を伸ばした。 「ま、待ってくれ!」  しかし、その手は無下に振り払われる……と思いきや、女は急に笑い出した。「……うふふふふ! 何よ、慌てちゃって。冗談よ。どうせあなたの話なんてみんな嘘なんでしょ。バッカみたい。そんなのに騙されたりなんかしないから!」 「本当だよ」男はムッとした表情で立ち上がった。 「だったらその洞窟へ連れてってよ。そしたら信じてあげるわ」 「ほら、ここだよ」  暗い洞窟の中。懐中電灯の光の先には、深いたて穴が開いていた。  「どうだい。これで信じたかい?」男は、勝ち誇ったように女の肩を叩く。  女はしばらくの間硬い表情で穴の中をのぞき込んでいたが、暫くするとその目からは涙があふれ出した。「ここに……、ここに眠っているのね」 「何?」 「ここに……、あの人が……。無念だったでしょうね……」 「お前は……!」 「そうよ。あなたが殺した男は、あたしの……、あたしの恋人だったのよ。ずっと犯人を捜し続けて来たけど、やっと証拠を掴んだわ!」 「ど、どうするつもりだ? 警察を呼ぶ気か?」 「確証を得た今、そんな面倒なことをする必要はないわ」女はハンドバッグの中から拳銃を取り出すと、男に銃口を向けた。 「やめろ! じ、自首する。だから、命は助けてくれ!!」 「駄目よ! あなたが死なない限り、彼は浮かばれないの! 覚悟しなさい!!」  女の人差し指が動いた次の瞬間、洞窟に銃声が轟いた。 「うッ……!」だが、その場に崩れ落ちたのは女の方だった。「……何か、飲ませたわね……」 「ああ。さっきビールに薬を入れておいたのさ。そうでもなけりゃ、おれがここまで真相を話すわけがないだろう。おかげでスッキリしたぜ」  男は女の体を抱え上げると、たて穴の方へ歩き出した。 「さぁ、愛しの彼のもとに連れて行ってやろう」 「うう……。待ってなさい……。たとえ孫子の代までかかっても、必ず復讐してやるわ……!」 「せいぜい穴の底で計画でも練るんだな。楽しみにしてるよ、イブ……」  男はそう言うと、女の体から手を離した。  女は真っ逆さまに転落していく。「アダム……!!」と、かつての恋人の名前を叫びながら。  深い深い穴の奥底では、青く美しい惑星が輝いていた。 【参考:打ち上げ失敗後の記者会見における宇宙開発局長の発言】 「今回のことで、宇宙開発の必要性が疑問視されたり、予算の無駄遣いだという声があがっているのも知っています。だが、宇宙へ行くこと、それは私たちの使命なのです。理由? それは分かりません。しかし、とにかく我々は天を目指さなければならんのです! ……何としてでも!!

シェアする

 SNSなどで自由に投稿してください(→タイトルとURLをクリップボードにコピー)。

1分で読めるショートショート「恋の巌窟王」 https://www.tbook.net/ss/ki/gko/

 リンクもご自由にどうぞ。

あとがき

「なんでこんなことしたんだろう?」という行動を知らぬ間にとっていることってありませんか? もしかしたら、あなたの遺伝子が原因かも知れません。

【今回のボツ話】『恋の顔面崩壊』『恋のがんじがらめ』『恋の頑固親父』『恋の眼圧計』『恋のガンジス河』『恋のガンダーラ』『恋の鑑真』

(2000/2/29)

 オチを忘れているので、作者自身驚くというパターン。飲尿療法のようで実に安上がりです。

 折しも今月は火星探査機ラッシュで、3つの探査機が火星に着きました。復讐を成し遂げるその日まで、全人類で手をとりあってがんばっていきましょう。

(2021/2/21)

作品履歴

感想等を送る

 ぜひ感想を送信フォームからお気軽にお寄せください。○△×だけでも構いません。「あなたが読みたいショートショートのタイトル」も募集中です。

作品の使用について

 このサイト内の作品の無断使用を禁じます。使用許可の問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。雑誌等への掲載のほか、過去に漫画化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。

Copyright © 1997-2021
Yoichi Tamao / EGG STUDIO
All rights reserved.
T-Viewer v.3.30

[→戻る]
※以下は白紙です。